2016年08月12日

ラスト・アタック ~ 伊平屋島で生き続けた特攻隊の生き残り、飯井敏雄さんが建立した慰霊塔


沖縄県最北の有人島、伊平屋島。

言葉を失うほど綺麗な海に囲まれ、
平和な日々が続く島ですが、

太平洋戦争の末期、
特攻直前に撃墜された日本軍人が、
この島に流れ着きます。
ラスト・アタック ~ 伊平屋島で生き続けた特攻隊の生き残り、飯井敏雄さんが建立した慰霊塔

日本海軍少尉、飯井敏雄さんは、

島の人々の助けにより九死に一生を得、
戦後、故郷に戻り生活するも、

伊平屋島の人々から受けた恩が忘れられず、
定年退職と共に夫婦で島に移住、

伊平屋島の役に立ちたいと、
島の人々と交流を深め、
その生涯をこの島で終えたそうです。

島の南側に位置する野甫島に居を構え、
島の高台に戦没者を供養する慰霊碑を建立、
戦争とは何かを見つめ続けていたそうです。

飯井敏雄さんが建立した、野甫島の慰霊塔

今は空き家となっている飯井さんの住居は、
生前お世話になった島の方々が、
綺麗に掃除して守り続けています。


その飯井敏雄さんの数奇な運命を追った、
ドキュメント番組が終戦記念日に放送されるそうです。

飯井さんと島の人々のつながり、
必見の番組です。






同じカテゴリー(伊平屋村)の記事画像
野甫島の青い海
米崎海岸
同じカテゴリー(伊平屋村)の記事
 伊平屋島の海 (2011-12-17 17:33)
 野甫島の青い海 (2010-10-14 23:06)
 米崎海岸 (2009-09-08 22:45)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ラスト・アタック ~ 伊平屋島で生き続けた特攻隊の生き残り、飯井敏雄さんが建立した慰霊塔
    コメント(0)